昭和レトロ僕たち飲むなら!:森永ピクニック(Piknik)

森永ピクニック(Piknik) 昭和ジュース・飲料
僕たち飲むならピクニック!元気あふれるCMが印象に残るピクニック。
発売当時は、全種類飲み比べて、ヨーグルトといちごに絞られ、最終的にはストロベリー味ばかり飲んでいました。
スポンサーリンク

僕たち飲むならピクニック! 森永乳業 ピクニック(Piknik)

森永 ピクニック 昭和の製品画像

森永乳業 ピクニック 昭和当時の製品画像
ipadで描きました

パッケージ型ジュースでこれだけカラフルなバリエーションを揃えたのは、ピクニックが初めてだったのでは無いでしょうか?
フレーバーのみではなく、思わずパッケージのカラーで買ってしまうとっても楽しい飲み物。

森永乳業ピクニック(Piknik)とは

ピクニックは、1981年から森永乳業から発売されている乳飲料で、発売当時はカラフルで可愛いパッケージが斬新で、ヨーグルト味、ストロベリー味、ラクトコーヒー味、フルーツ味でスタートしました。

僕たち飲むならピクニック

僕たち飲むなら ピクニック~♪

が、ピクニックのキャッチフレーズでした。 とっても印象に残っています。

ピクニックのCMは、外人さんが多かった

ピクニックのプロモーション方法は、昭和の時代によく見かけた外国人を起用するCMです。
ピクニックの初期のCMは、ほぼほぼ外国人が登場し、彼らが屋外や、海岸で楽しそうにしているシーンが多かったです。

商品ラインナップの多さ、味のおいしさ、外来風のオシャレ感が若者たちに刺さり、かつ自動販売機でも幅広く買える製品として大ヒットしました。

トロピカルなピクニック

ピクニックのレアなパッケージ! こんなトロピカルな味が発売されていたのですね。

現代のピクニック製品
今買えるピクニックはこんなラインナップで、パッケージはダイヤモンド型で、残念ながら(?)昭和時代の四角いパッケージのピクニックは、もうありません。

ストロベリー味、ヨーグルト味、フルーツ味とメインのラインナップは昭和から変わりませんが、コーヒーが・・・・3種類もあるんですね。

ピクニックと言うと、あまりコーヒーのイメージが無かったので、コーヒーの種類が多いのは驚きでした。 しかし、カフェ・オレ、コーヒー、エスプレッソと嗜好に合わせたコーヒーラインナップを揃えているのは流石です。

昭和時代、ピクニックの自動販売機は結構あちこちにありましたよね。部活や運動の後に、よく飲んでいました。
当時わたしのお気に入りはイチゴ味でした。

森永乳業 ピクニック 昭和なつかしいCM

1995年CM 森永ピクニック

ピクニックという名前の製品ですから、屋外で元気に過ごす若者たちや、スポーツシーンがCMの要となっていました。

しっかりとマーケティングが考えられたいたのですね。

いつまでもこのキャッチフレーズは、引き継ぎたい 僕たち飲むならピクニック!
森永乳業 ピクニック(Piknik)のご紹介でした。

森永乳業ピクニックの歴代パッケージ

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和 森永乳業のなつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました