『薔薇はシュラバで生まれる』の昭和少女漫画家の世界に感動

薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記 昭和の本・漫画
昭和の有名少女漫画家たちの裏側をマンガで知ることができる
楽しい1冊のご紹介です。
スポンサーリンク

薔薇はシュラバで生まれる
70年代少女漫画アシスタント奮闘記

 

薔薇はシュラバで生まれる

 

昭和と言えば少女漫画時代の全盛期!
なかよし、りぼん、ちゃお、花とゆめ、フレンドなどなど、漫画雑誌を楽しむ少女たちも多く、生活の中に漫画があふれていました。

 

 

昭和ガール
昭和ガール

読み手として、わたしも少女時代は読みたい漫画のことで頭が常にいっぱいの楽しい日々でした。

 

 

次にどの漫画家さんを読もうかな~?と追い付かないほどだったわよね。

 

 

そんな時代に数多く生まれたスター少女漫画家たち。
この本の筆者である笹生那美さんは、美内すずえさんのアシスタントを筆頭に栄えある少女漫画家の漫画製作を支えてきた人となります。

 

 

昭和ガール
昭和ガール

漫画家のアシスタントは、この本の中ではアシと記されています。

あの有名漫画が出来上がるまでの裏側、まさにこの本のタイトルである『薔薇はシュラバで生まれる』

修羅場が描かれています。

また、この本に出ているくる少女漫画家さん達が豪華で、この時代を知っている人にとっては、ワクワクが止まりせん!

 

本に登場する少女漫画たち

美内すずえ、木原敏江、萩尾望都、くらもちふさこ、三原順、鈴木光明、樹村みのり、山岸涼子など。

 

 

 

わ~!
こんな豪華な漫画家たちが登場するんだ♪

 

 

笹尾さんは、主に美内すずえさんのアシスタントエピソードを濃く描かれており、
当時の美内すずえさんの漫画への思いは、このコマに凝縮されているなと感じます。

 

薔薇はシュラバで生まれる 美内すずえ

 

昭和ガール
昭和ガール

どんなに修羅場があっても、好きだから描く。
それは、美内すずえさんの漫画を読むと読者にも伝わってきますね。

 

美内すずえさんのホラー漫画『黒百合の系図』のある怖いシーンのコマのエピソードが描かれたのは嬉しかったな~

アシスタントであったから描ける逸話
昭和の少女漫画にどっぷり浸りたい方はぜひお楽しみください。

薔薇はシュラバで生まれる 70年代少女漫画アシスタント奮闘記のご紹介でした。

 

 

他にも昭和に発刊された懐かしい本をご紹介しています。
昭和のなつかしい本・漫画

 

小学館 ミニレディ百科 少女まんが入門 | 昭和レトロな雑貨と本屋 powered by BASE
ご覧いただきありがとうございます。<本のタイトル>小学館入門百科シリーズ50ミニレディ百科 少女まんが入門希少で、今となっては新しく感じる昭和の漫画の描き方が学べるファンシー本です。<本に掲載されている主な漫画家>・上原きみこ・萩尾望都・高橋亮子・すなこ育子・竹宮恵子・ひだのぶこ・牧野和子・灘しげみ・岸裕子・市川みきこ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました